毎年の脅威を排除!インフルエンザに対向するための予防対策構築

婦人

人ごみを避けて通る

寝室

乾燥シーズンでは、インフルエンザに関連するニュースが報道されます。それらの情報が見られるようになったら、すぐに病院で予防接種を受けに行きましょう。予防接種を受けた後も油断大敵で、人混みを避けるなどの意識を持ちましょう。

詳細を確認する

湿度と栄養管理の重要性

睡眠中の女性

厄介なインフルエンザを予防するには、室内の湿度を高めに保つのが最適です。ウィルスは、湿度に弱くてすぐに活動が弱まってしまいます。加湿器を購入して屋内に潤いをもたらせば、快適に過ごせます。

詳細を確認する

生姜や発酵食品の力

ベッド

毎日の栄養摂取によって、免疫力などを高めることが可能です。生姜や納豆にヨーグルトは、インフルエンザの予防で摂取すれば、体を丈夫に出来て症状が現れるリスクが軽減します。毎日の食事に取り込んでいきましょう。

詳細を確認する

脅威の感染力を発揮

頭を押さえる中年女性

毎年寒い時期になると、インフルエンザにかかってしまう人が数多くいます。症状としては、高熱に悩まされたり咳が止まらなかったりします。しかも、重度の倦怠感に襲われるので動くこともままならなくなります。症状が悪化すれば、最悪の場合死亡してしまう危険性があります。出来るだけ、ダルさや食欲不振が確認できたらすぐにでも病院を利用するのをおすすめします。死亡につながる病でもありますが、インフルエンザの恐ろしさは単に症状だけではありません。インフルエンザの真の恐ろしさは、空気感染です。1回くしゃみをしてしまうと、鼻水や唾液の飛沫と一緒にインフルエンザウィルスも飛ばしてしまいます。職場や学校という密室の中に、1名インフルエンザにかかった人がいれば、数人は感染して発症してしまいます。強い感染力があるため、学校や職場に1週間以上行くことができなくなります。もしくは、家族の誰かがインフルエンザにかかってしまい、自分が感染していない場合でも、同様に通勤通学が困難になります。病院からの治癒証明書が発行されない限りは人が集中するところに行くのは難しいと思ってください。出来るだけ発症しないためには、未然に防ぐための予防を心がけましょう。

空気感染などを防ぐ予防策では、基本的に徹底したマスク着用を義務付けるのがおすすめです。マスクなら、くしゃみをしても、ウィルスがマスクの内側に付着するので、周辺に飛び散る心配が少なくなります。その他の予防策では、アルコール洗浄の徹底です。手に触れたものには、ウィルスが付着している可能性もあるので、死滅させるためにはアルコールの力が欠かせません。また、うがいや手洗いの予防もウィルスを殺菌するにはうってつけなので、必ず実践しましょう。